FC2ブログ

山口歯科Blog | 大阪 天満・天神橋の歯医者さん

山口歯科より大阪市北区周辺の患者様に贈る歯の情報BLOG

2018年

10月11日

(木曜日)

1枚の写真から・・・三菱コルト・ギャラン(初代ギャラン)

こんにちは
院長の山口です。

昨年の”1枚の写真から・・”で「三菱コルト」の写真を載せましたが、今度はこの車です!

DSC01085_20181005120416245.jpg

コルト1000、1100、そして1500となった「コルト」のことを書きましたが。

コルト・ギャランの発表は、1969年12月の発売である。

この頃に三菱重工(まだ三菱自工ではない)はアメリカのクライスラーと合弁会社を設立して、北米での自動車生産を始めた時期。
この後の三菱のクルマが”アメリカン”なデザインが多いのはこれが理由であろう。

しかしこのギャランは、かの有名な”ジウジアーロ”の提案したデザインを参考にして発売されたためか、めちゃくちゃアメリカンな車には見えませんが、エッジの効いたデザインとに分割のフロントグリルが格好良くて結構売れたのである。

ちなみにジウジアーロのデザインした車といえば・・・・

有名なのは”デロイアン”(^-^)/
ご存知「Back to the future」に出てくるタイムマシーンの自動車ですね。

日本車もいくつかあります。
有名なのは・・・いすず自動車の”117クーペ”(=゚ω゚)ノ 
それ以外にいすず自動車は、”ピアッツア”とか、街の遊撃手”ジェミニ”なんかも手がけましたね。

バブル期にスバルが発売した”アルシオーネ”なんていう車もありました。
当時・・「アルシオーネであれしようね!」なんて言葉もよく聞かれました(笑)

私は、”117クーペ”の後継であった、”ピアッツア”が出た頃、なんと日本にはない綺麗なデザインな車なんだ!と思った記憶があります。

思い切りギャランから話がずれましたが、要するに”ジウジアーロ”のデザインに思い切りアメリカンデザインを織り交ぜたものだったようです。
昔、「キイ・ハンター」という丹波哲郎や千葉真一が出ていたテレビの中で結構見た記憶があります。


スペックとしては
1500ccSOHCエンジン(4G31) もちろんFR
全長:4080㎜
前幅:1560㎜
全高:1370㎜
車両重量:855㎏
105ps/6700rpm 13.4kgm/4800rpm
最高速度:175km/h
0→400m加速:16.09秒
(ドライバー増刊日本のくるま100年 昭和49年 より)

このギャラン、実は強度的なことや重量バランス、エンジンも含めてとてもよく出来た車だったようだ。
天下のトヨタ自動車も、
「こんな小さな自動車会社が このような凄い車を作るとは・・」
と言ったとか言わなかったとか・・
(すいません!!私個人的な見解ですからお許しください○| ̄|_)

事実のちにギャランはレースやラリーに参戦していったのは周知のことですね。

そして・・・
約1年後、このコルト・ギャランをさらに人気アップさせたグレードを発売するのであった・・・・

その名も・・コルト・ギャランGTOo(^▽^)o!!

この年にトヨタから(焦って)発売された「初代セリカ(通称ダルマセリカ)」とともに、当時誰もが憧れの自動車でありました。
(すいません!!私個人的な見解ですからお許しください○| ̄|_)


しかし、叔父さん・・・・いろんな車乗ってたんですね・・w(゚o゚)w

ちなみに隣のクルマは・・・・ダイハツの”ベルリーナ”だと思います。!
知ってるかな~?(笑)
関連記事

2018年

10月04日

(木曜日)

診療時間変更・休診のお知らせです

10月18日(木)は、院長の所用のため午前休診致します。
午後は通常どおり診療いたします。

皆様にはご迷惑をおかけしますが何卒宜しくお願い致します。
関連記事

2018年

09月19日

(水曜日)

1枚の写真から・・・島原鉄道

こんにちは
院長の山口です。

今回の1枚の写真から・・・・

CIMG1908.jpg

架線のある駅に停車するディーゼル列車。

これは、長崎県の諫早市から島原半島をぐるっと廻っていた「島原鉄道」の車両であります。

島原鉄道も、今は知りませんが、昔は何とも言えない雰囲気のある鉄道でした。

諫早を出発すると、島原半島の東側を忠実に海に沿って走る単線非電化のローカル私鉄で、途中”島原の乱”でおなじみの島原を経由してさらに南下し、半島の南端にある加津佐町まで約80km。約2時間半近くかけて走破する長大なローカル鉄道でした。

また、この鉄道はこの頃、国鉄長崎本線と乗り入れもしており、島原から「長崎」「佐世保」「博多」「小倉」まで直通する列車もありました。
また、ディーゼル機関車が貨車も牽引して走ってました。


諫早駅に停車中のこの車両は「キハ4500」型と言われる車両で、自社発注の気動車です。
中身は全国で見かけた国鉄の「キハ10・17系」気動車と同じものですが、これは正面が非貫通型の湘南タイプになっています。
島原鉄道は、自社発注の車両もありますが、国鉄の払い下げ車両も多かったようです。

車両の塗装もほぼ、国鉄の気動車と同じなのですが、”三本ヒゲ”が島鉄の特徴でした。


雲仙普賢岳噴火の影響もあり、平成20年に島原(正確には島原外港)↔加津佐の間が廃止になり、距離も35㎞ほど短くなってしまいました
(っω・`。)

今から40年以上前の夏、窓を全開にして有明湾・島原湾を眺めて海の匂いとディーゼルカーの排気や油の匂いが混ざった夏の暑い風を浴びながら乗った記憶があります・・・
関連記事

2018年

09月11日

(火曜日)

北陸線の名車(?) DD50型ディーゼル機関車 レストア物語~番外~

こんにちは
院長の山口です。

ついに・・・!
やっと・・・!

見つけました!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

何かと言うと・・・・・

CIMG1855.jpg

そう、これです。
「DD50」機関車の”一次型”

しかももう市場ではまずお目にかかれない「珊瑚模型」製の未塗装キットです。
つまり、いまリノベーション中(?)の「DD50」二次型と同じメーカーです。

なんということでしょう!

これで、”1000t貨物の先頭を飾る重連が揃った訳です\(^o^)/

実際も一次型と二次型で重連仕業をしていましたから全くOKです。

さて・・・・中身はというと・・・・・

CIMG1850.jpg

んースポンジもそのまま・・・いい感じです。
しかし、触ると・・・ボロボロですw(゚o゚)w
摘まんだところからボロボロと粉々になる始末。

そろっとめくると・・

CIMG1851.jpg


CIMG1852.jpg

パーツは全部ビニールに入っているので問題なし。

これで、あの”海坊主”一次型が再現できる!(その予定でいるのですが・・・)

CIMG1853.jpg

なにせ説明書が付いており、「一次型」と「二次型」共通なので、手を付け始めた「二次型」リノベーションの参考にもなります。

CIMG1854.jpg

これなんか、まさにこれじゃん!
539935867721165_201806141455379d8.jpg

あとは、資料を見ながら、構想を練りつつ・・・・気候が少し涼しくなるのを待つだけ・・・(笑)

関連記事

2018年

09月03日

(月曜日)

臨時休診のお知らせです。

9月4日(火)ですが、台風21号の影響のため臨時休診いたします。

誠に申し訳ありませんが、ご理解の程宜しくお願い致します。
関連記事

 | 

 カレンダー 

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 ブログ内検索 

 QRコード 

QRコード

 月別アーカイブ 

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  11  10  09  08  07  06  05  02  01  12  10  08  07  06  05  04  02  12  08  07  03  12  08  07  03  02  01  12  11  08  07  04  03  02  01  12  11  10  08  07  05  04  03  02  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

 プロフィール 

yamaguchidental

Author:yamaguchidental
 
大阪市北区の歯医者さん
山口歯科ブログへようこそ!

山口歯科からのお知らせ、日常の診療のこと、天満・天神橋のこと、院長のひとりごとなどなど・・・時々遊びにきてください!