FC2ブログ

山口歯科Blog | 大阪 天満・天神橋の歯医者さん

山口歯科より大阪市北区周辺の患者様に贈る歯の情報BLOG

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年

12月08日

(金曜日)

田舎の終活 ~お墓の話

こんにちは
院長の山口です。

今からちょっと前に不思議な経験をしました。
これから書くことは、私が勝手に思い込んだだけかもしれないのですが、でも不思議だったので書いてみます。


私は、この経験まではほとんどお墓参りにも行ったことがなかったし、祖父が亡くなったのも私が北海道に居た時期だったので、お葬式も参列しておりませんでした。

関西に帰ってきて、祖母が亡くなった時に久しぶりに田舎の家(今回の就活のお家で父の実家)に行ってからは、法事等でお墓にも参るようになりました。

その頃のお墓はこんな感じでした。
DSC01353.jpg

びっくりです。
お墓が傾いとるやん!
山口家先祖代々のお墓とありますが、各世帯や個人の墓石もそのままでした。

それ以外にもありました。
DSC01368.jpg
これは、ご先祖様にあたる方が日露戦争にて戦死したために建てられた「忠魂碑」の類だと思います。


お話は戻りますが、あるときから私はなんだか不思議な体験をします。

夜寝ていると、静かーに階段を上がる気配がするのです。そしてしばらくすると寝ている部屋の中に人が入ってくる気配を感じるのです。そしてもう目の前に誰かいるような感じがするので、、目を開けると・・・・
とくに誰もいません。
しかも、毎晩のごとく感じるのです。

私はこのようなものを感じる感性は全くありませんので、連日続くこの様子も特に怖いとか何も思うことなく、夢と現と混じった状態か熟睡できてない状態だと思ってました。
ほとんど毎日のように「それ」はやってくるので、寝ていても「あっ、また来たな!」ってな感じで慣れっこになっていきました。

しかし、何か月も同じ現象を感じるのでなんだろな?と思っていました。


ある日、私は実家に用事で帰った時に、なにげなくふっとこの話を父と母にしました。
その時は「なんだろねー?」みたいな事で終わりました。

後日、父より祖母の納骨や法要がされてなくてなかったとの話を聞きました。
そしてそれから私はもう不思議な現象を感じることはなくなりました。

たぶん、田舎の家の行く末が心配で父を飛び越えて私のところに訴えてきたのではないかと母が言ってました。

ホンマかいな~?
と私も思ったのですが、それからお墓参りは定期的に行くようになりました。


今回の田舎の終活を機会に、父はお墓の整理もすることにしました。
これも父としての終活の一部なのでしょう。


お経をあげてお墓を一つにしていきます。
DSC01359.jpg

DSC01361.jpg

DSC01363.jpg

忠魂碑のほうも一緒にするため、解体してお寺にお返しします。

DSC01414.jpg


これでご先祖様も安心されたと思います。
関連記事

 カレンダー 

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 ブログ内検索 

 QRコード 

QRコード

 月別アーカイブ 

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  11  10  09  08  07  06  05  02  01  12  10  08  07  06  05  04  02  12  08  07  03  12  08  07  03  02  01  12  11  08  07  04  03  02  01  12  11  10  08  07  05  04  03  02  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

 プロフィール 

yamaguchidental

Author:yamaguchidental
 
大阪市北区の歯医者さん
山口歯科ブログへようこそ!

山口歯科からのお知らせ、日常の診療のこと、天満・天神橋のこと、院長のひとりごとなどなど・・・時々遊びにきてください!


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。