FC2ブログ

山口歯科Blog | 大阪 天満・天神橋の歯医者さん

山口歯科より大阪市北区周辺の患者様に贈る歯の情報BLOG

2018年

02月21日

(水曜日)

リハビリ!第一弾は”ワフ29500”で”! その4~できた?!~

こんにちは
院長の山口です。

さて、集電ですが、車軸を受ける金属のプレートからとるのが一般的かなと思い、車軸受けの真ん中を磨いて電線をハンダ付けしました。
CIMG1531.jpg

電線は前後のテールランプ用と室内とに分けてそれぞれに振ります。
車輪と車輪の間にはウェイトを入れなくてはならないので何とか配線を整えて「臭いものにフタ」のごとく隠してしましましょう(笑)

CIMG1532.jpg

荷物室から出ているコードが室内灯用のものです。

昔は室内灯は12Vの麦球とか米粒球とかの電球を使っていましたが、いまではLEDが主流になっています。
消費電力も少なく、超大編成でも電力消費が少なくて済みますし、発熱もありませんし好都合です。

今回は、たまたま取ってあったテープLEDのサンプルがあったのでこれを使用します。

IMG_1739.jpg

しかしLEDというのは電球と違って指向性があり、電流のプラスマイナスを変えると点灯しません。

HOゲージとかNゲージとかの多くの鉄道模型というのは、2本ある線路の片側をプラス、もう片側はマイナスの電流が流れていて(つまり直流)、左右の車輪から集電してモーターを回して走行します。、
前進と後進ではプラスマイナスが入れかわるわけですので、このまま直に室内灯を繋ぐと前に進むときは点灯するけど、後ろに進むときは点灯しない、みたいなことになってしまします。

テールランプはそれでいいのですが、室内灯は前後どちらの方向に進んでも点灯するようにしなくてはいけません。

そこで、日本橋の電子パーツ屋さんにて「ブリッジダイオード」なるものを購入してまいりました。
ついでに明るさ調節のための「抵抗」とチラつき防止のために「電解コンデンサー」も仕入れてきました。

それらをハンダで結線して、コードは荷物室にひとまず押し込んで大体出来上がりです。

IMG_1741.jpg

さて、線路に電気を繋ぐと・・・・・

IMG_1742.jpg

おおー!ワンダフル!

いいじゃないのー!

CIMG1537.jpg

526635457818011.jpg


塗装のムラも悪くない。
車掌室の中が見えるのがいいですね。

CIMG1538.jpg

夜行貨物列車の雰囲気出てるかな!?

IMG_1749.jpg

他の2軸貨車と一緒に。
あと、手すり塗ったり、デカール貼ったりしなくてはいけませんが、とりあえず形になったようです。
別にあったブレーキホースを取り付けます。
CIMG1542.jpg


久しぶりの工作でしたが、リハビリにはちょうどよい感じでした。

ハンダ付けも数十年ぶりでした。
中学の頃、ゲルマニュウムラジオの組み立てを機に1石~4石トランジスタラジオの組み立て(もちろんキットですが)をしていたので、それ以来のハンダ付けでした。
電子部品は熱に気を付けることだけはわかっていたので、へたくそながらもその辺はなんとか出来たようです。

しかし、真鍮模型を組むのとはまたハンダ付け伸し方とかは違うので、鉄道模型に慣れるためにまだまだ少しずつリハビリが必要かな!という感じでした。
関連記事

 カレンダー 

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 ブログ内検索 

 QRコード 

QRコード

 月別アーカイブ 

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  11  10  09  08  07  06  05  02  01  12  10  08  07  06  05  04  02  12  08  07  03  12  08  07  03  02  01  12  11  08  07  04  03  02  01  12  11  10  08  07  05  04  03  02  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

 プロフィール 

yamaguchidental

Author:yamaguchidental
 
大阪市北区の歯医者さん
山口歯科ブログへようこそ!

山口歯科からのお知らせ、日常の診療のこと、天満・天神橋のこと、院長のひとりごとなどなど・・・時々遊びにきてください!