FC2ブログ

山口歯科Blog | 大阪 天満・天神橋の歯医者さん

山口歯科より大阪市北区周辺の患者様に贈る歯の情報BLOG

2018年

04月06日

(金曜日)

室内灯設置!未公開写真~ちょっと走らせてみました~

こんにちは
院長の山口です。

大した写真ではありません。
影が映ってボツになった写真を何枚か・・・・

CIMG1650.jpg


CIMG1654.jpg


CIMG1653.jpg

35系客車の室内、とりわけ座席の感じが気に入ってます。

プラ感はやはり仕方ないですが、ウェザリングをすれば実写感が出るでしょうな!

ちょっと走らせてみようっと!
というか、そんなスペースはないのでちょっと線路を引くだけですが・・・涙

CIMG1795.jpg

機関車は、「EF65型500番台」直流型電気機関車ですね。
KATOのプラ製品で、しかもまだ未組立の状態のもでした。

もともと「EF65-0番台」は貨物列車用に作られた電気機関車で、昭和40年頃から東海道・山陽各線で貨物列車で使用されたが、さらに高速運転できるよう改良されたのが「EF650500番台」型になります。

まあこれも「P型」だの「F型」だの違いはあるのだが、ブルトレ牽引機は「P型」ということになります。
(Pはパッセンジャーの頭文字)

この機関車は、前身の「EF60500番台」の後継として導入され、ブルトレ全盛期の東海道・山陽各線の代表牽引機でした。

東京↔下関間を、「さくら」「はやぶさ」「みずほ」「富士」「あさかぜ」を牽引。
東京↔宇野間を、「瀬戸」
東京↔京都間を。「出雲」
をそれぞれ牽引していた東京機関区の”エリート”機関車でした。(知らんけど)

「EF65500番台」機は当時関西圏を発車するブルトレにはほとんど見られなかったので、(東京発着ブルトレは関西は深夜から早朝に通過してたので)本物を見たときは”ほんとに走ってるんや”と思ったものでした。

でも昔の雑誌なんかを見ると、「あかつき」を牽引しているものがあったので、関西でも使用してたのでしょうね。

このあと「EF651000番台」なるものが出てきたが、これは「EF58」型直流電気機関車から順次関西発のブルトレの先頭にも立っていきました。


この写真だと、臨時のお座敷列車か団体列車みたいに見えますね。

CIMG1796.jpg

今度はブルトレ編成にしてみよーっと
確かに編成を組んで走らせるのもいいものです。

関連記事

 カレンダー 

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 ブログ内検索 

 QRコード 

QRコード

 月別アーカイブ 

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  11  10  09  08  07  06  05  02  01  12  10  08  07  06  05  04  02  12  08  07  03  12  08  07  03  02  01  12  11  08  07  04  03  02  01  12  11  10  08  07  05  04  03  02  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

 プロフィール 

yamaguchidental

Author:yamaguchidental
 
大阪市北区の歯医者さん
山口歯科ブログへようこそ!

山口歯科からのお知らせ、日常の診療のこと、天満・天神橋のこと、院長のひとりごとなどなど・・・時々遊びにきてください!