FC2ブログ

山口歯科Blog | 大阪 天満・天神橋の歯医者さん

山口歯科より大阪市北区周辺の患者様に贈る歯の情報BLOG

2018年

05月11日

(金曜日)

1枚の写真から・・・三菱360

こんにちは
院長の山口です。

以前三菱自動車工業の前身というか独立前の三菱重工業から初の乗用車「三菱500」が昭和35年に発売された話を書きましたが、この翌年に、三菱重工業の水島工場から「三菱360」なる軽乗用車を発売しました。

元々水島工場で製造していた貨物軽オート三輪車の実績から、四輪のバンを発売しました。これが「三菱360」です。

普通乗用車は「三菱500」
軽自動車は「三菱360」・・・・・・

なんか、ドイツ車みたいで(メルセデスベンツS560、BMW760、アウディA8 みたいな感じ・・・・)格好いいですね!

これが三菱の軽代表だった「ミニカ」のご先祖様ですね。

「三菱360」はバンとして発売され、そのままのスペックのまま翌昭和36年にトランクを設けた軽乗用車として「ミニカ」を発売しました。
「三菱360」はバンのまましばらく発売されていきます。


・・・このあたり、スズキの「スズライト」と「フロンテ」の経緯と凄く似てるような気がします。

スペックは、
全長・・・2,995㎜
前幅・・・1,295㎜
全高・・・1,400㎜
排気量・・・360cc

エンジンはやはり強制空冷直列2気筒2サイクル(2スト)エンジン。
まさに単車のエンジンみたいではあります。
昔の軽自動車の2サイクルエンジンは、構造上エンジンオイルも一緒に燃焼するので、モクモクと排気ガスが出ていたのを覚えてます。

なんといってもこの車の特徴は、なんといっても「FR」でしょう!
スズライトやホンダN360は「FF」、「スバル360」や後の「スズキフロンテ」は「RR」だったのに、普通乗用車の如くフロントエンジン・リヤドライブですもん。
「三菱360」は「ミニカ」になっても軽自動車の中では昭和59年のモデルチェンジまで「FR」で生産された車でした。

しかし室内窮屈やったろうな・・

また、スバル360と同じようにドアのヒンジが後ろにあり前開きだったのも特徴ですね。

CIMG1895.jpg

これはまさに初代の「三菱360」だと思います。

貴重な1枚です( ̄^ ̄)ゞ
関連記事

 カレンダー 

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 ブログ内検索 

 QRコード 

QRコード

 月別アーカイブ 

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  11  10  09  08  07  06  05  02  01  12  10  08  07  06  05  04  02  12  08  07  03  12  08  07  03  02  01  12  11  08  07  04  03  02  01  12  11  10  08  07  05  04  03  02  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

 プロフィール 

yamaguchidental

Author:yamaguchidental
 
大阪市北区の歯医者さん
山口歯科ブログへようこそ!

山口歯科からのお知らせ、日常の診療のこと、天満・天神橋のこと、院長のひとりごとなどなど・・・時々遊びにきてください!